トイ・ストーリー3のあらすじと涙涙の結末(ネタバレあり)

通算3回目、トイ・ストーリー3視聴完了。ピクサーが生み出したトイ・ストーリー3という傑作のあらすじを、涙でぐちょちょになった手で書いていきます。

トイ・ストーリー3,あらすじ,結末,ネタバレ

(※注意)「あらすじ」ですのでラストの結末などネタバレありで書いてます。今後視聴予定でストーリーを楽しみにしている方は読まないでください。

 

スポンサーリンク

 

トイ・ストーリー3のあらすじ

アンディは17歳で大学生になる

トイ・ストーリー3,あらすじ,結末,ネタバレ

おもちゃで無邪気に遊ぶ姿が愛くるしかったアンディも17歳になりました。

春からは大学生で一人暮らしをする予定。17歳ですからカウ・ボーイやスペースレンジャー等のおもちゃで遊ぶ年は卒業しています。

一人暮らしのために荷物を整理するアンディ。「大学へもって行くもの」「屋根裏にしまうもの」「捨てるもの」に部屋の私物を分けています。

子供のころ遊んだおもちゃの中でも一番の相棒だったウッディは「大学へもって行くもの」行き。それ以外のバズやジェシー等は「捨てるもの」・・・ではなく「屋根裏」になるはずでした。

ところが・・・・屋根裏に運び途中のおもちゃを入れた袋が階段から落ち、

何も知らないママがゴミ袋だと勘違いしてゴミ置き場に持っていきます

収集車に運ばれる前に何とか袋から脱出したおもちゃたちですが、「アンディは自分たちを捨てた」と勘違いし深く悲しみ・動揺します。

そしてアンディのもとを離れるために、サニーサイドという保育園に寄付する物が入っている段ボールの中に潜入しました。

夢のような場所 サニーサイド

トイ・ストーリー3,あらすじ,結末,ネタバレ

サニー・サイドに到着したジェシーやポテト・ヘッド達は大感激します。

リーダーのロッツォ・ハグベアに紹介され、サニーサイド保育園がおもちゃにとってどれだけ楽園かを知るからです。

しばらくご主人様に遊んでもらうことがなくなっていたおもちゃ達でしたが、自分たちと遊んでくれるこども達がたくさんいます。また子供たちがサニー・サイドを卒園しても、また新しい子供たちが入園してくるのでずーっと大切に遊んでもらえるわけです。

そこへウッディが仲間を呼び戻しにやってきます。アンディはみんなを捨てたのではなく、屋根裏部屋にとっておこうとしたこと、ママが間違ってゴミ捨て場に持って行ってしまったことを伝え、アンディのもとに戻ろうと話します。

しかしジェシー達はウッディの話を信じず、アンディは自分たちを捨てたんだと思い込み、サニー・サイドに残ることを告げます。いつも一緒だったおもちゃたちとウッディのお別れ・・

ウッディ一人ががアンディのもとに帰るためにサニー・サイドを去った後、おもちゃたちの持ち場となった「いもむし組」の子供たちが部屋に帰ってきましたが・・・・

 

スポンサーリンク

 

地獄のような場所 サニーサイド

トイ・ストーリー3,あらすじ,結末,ネタバレ

こどもたちと毎日遊べるパラダイスがついに!・・・と思っていたおもちゃたちのもとへ戻ってきたのはおもちゃの遊び方もまだわからない幼少の子供たち。おもちゃを口に入れるは地面に叩きつけるは、めちゃくちゃな遊び方をします。

このままだとみんなすぐに壊されてしまうと考えたバズは、ロッツォに「ちょうちょう組」へ担当を代えてもらうよう頼みます。

ここでロッツォが本性を表します。ロッツォは優しさ等には程遠い、サニーサイドを恐怖で支配しているボスだったのです。バズのリセットボタンを押し、自分の支配下に置きジェシー達を牢に閉じ込めます。

一方ウッディはアンディのもとへ帰る途中でトラブルに会い立ち寄ることになったボニー(アンディの近所の子供)の家のおもちゃから、「サニーサイドはいったら最後。ロッツォが支配している最悪の場所だ」ということを聞き、仲間を救出に向かいます。

サニーサイドを脱出しアンディのもとへ

トイ・ストーリー3,あらすじ,結末,ネタバレ

ウッディたちは頭を使い、ロッツォの手下の目をかいくぐり、サニーサイドを脱出しようとします。

外の世界につながるダストシュートから逃げようとしましたが・・あと一歩のところでロッツォに見つかります。

ウッディはボニーの家のおもちゃから聞いた「ロッツォの過去」の話をして抵抗しますが、ロッツォの心は変わりません。が・・・

ロッツォの手下だったビッグベビーが心変わりし、ウッディたちを援護。ロッツォをゴミ用のベルトコンベアーに突き落とします。

これで一件落着かと思いきや・・ロッツォはウッディたちを道連れにし、ベルトコンベアーで溶解用の熱処理上に運ばれていきます。

助けを求めるロッツォをウッディは情けで助けますが、逆にロッツォが裏切り、ウッディたちがけすべてを溶かす炎に吸い込まれていきます。

ウッディたちは覚悟を決め、互いに手を取り、最後まで仲間は一緒であることを信じながら炎の目の前まで行きますが・・・

いつの間にかいなくなっていたエイリアンがクレーン車でウッディたちを救出。全員でアンディのもとに帰ります。

サニーサイドを脱出しアンディのもとへ

アンディの家に戻ったおもちゃたちはお別れを言い、ウッディは大学行き、みんなは屋根部屋行きのダンボールの中に入ります。

しかし何を思い出したか、ウッディはアンディに運ばれる直前、段ボールを抜け出てメモ用紙に何かを書き留めて仲間の入った段ボールの上にそっと置きます。そのメモを見たアンディは不思議に思いますが、その段ボールをボニーの家に持っていきました。

おもちゃはボビーのもとへが結末

トイ・ストーリー3,あらすじ,結末,ネタバレ

アンディはボニーに大切なおもちゃをあげに来ました。なごり惜しそうに、小さい頃から大切に遊んできたおもちゃのひとつひとつをボニーに紹介していきます。

そして段ボールのそこには、なぜかアンディの姿がありました。驚きながらも、アンディの紹介をして、ボニーに渡すことにします。そして「みんな大切な友達だから、大切にしてね」と伝えます。

去っていくアンディを見つめながら、ウッディは「あばよ。相棒。」と別れを告げます。

ぶっちゃけ結末とかネタバレとかどうでもいい

長くなってしまいましたが、以上がトイ・ストーリー3のあらすじです。

文字に起こしているだけで、場面場面の映像がフラッシュバックしてきます。それだけ僕はこの作品が好きです。

ネタバレも書いてしまいましたが、本当のこと言うと結末とかネタバレとか、この作品は明かそうと明かすまいとどっちでもいいかと思ってます。それ以上に、

友情とか・別れとか・愛されることの幸せとか・忘れられることの悲しさとか・時がたつことで変わるものとか・それでも変わらないものとか・大切にすることとか・大切にされることとか・・・

挙げたらいくらでも出せますが、いろんなものが宝石のように詰まった作品がトイ・ストーリー3だと思っています。

長くなっちゃったのでこれで終わりにしますが、次回は感想を書いてみたいと思います。

おしまい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ