「22年目の告白」のあらすじと感想・藤原竜也のかっこよさについて

藤原竜也さん主演の「22年目の告白」を見ました。

あらすじを見て面白そうなストーリーだなー!!って思ったのと、

藤原竜也さんと伊藤英明さんという個人的に演技派だなーと思う俳優が出てたので、絶対面白いっしょ!と期待してみたのですが、

魅せられらし、考えさせられました。

そのくらい見る価値のある映画だと思ったので、「22年目の告白」の簡単なあらすじ(ネタバレはしません。衝撃の結末は見てほしいから。)との、感想を書いておきます。

 

スポンサーリンク

 

「22年目の告白」はあらすじが斬新

22年目の告白,あらすじ,感想,藤原竜也

これまで見てきた中ではかなり斬新なあらすじの映画でした。

22年の時効を迎え、未解決に終わった凶悪事件の犯人が世間を前に「私が犯人です」と名乗り出るところから話が始まります。

時効が来たと言っても、被害者の家族は人間なので、当然犯人を憎み・恨みます。「憎しみは世代を超える」なんて悲しいセリフが出てくるのですが、もし自分が被害者の遺族だったらそりゃどんなに時間が経ったって許せないよなーと、妙に感情移入です。

そんな遺族のボロボロになった心をナイフで抉るように、犯人として名乗り出た曾根崎雅人(藤原竜也)は事件の真相を一冊の本にまとめ出版します。それが世間の話題を呼び、曾根崎がイケメン美男子であったことも追い風となり、出版した本は飛ぶように売れます。曾根崎雅人は一躍“時の人”となり、サイン会なんか行われちゃうといった狂い具合。

事件当時、この事件を追っていた牧村航警察官は曾根崎を再び追い始めます。

なぜ曾根崎は22年前に事件を起こしたのか?

なぜ今頃になって犯人だと名乗りでてきたのか?

なぜ今になって事件の真相を本として出版なんかしたのか?

謎を解明していくスリラー映画です。

 

真っ先に浮かぶ感想は「実際に曾根崎が出現したら?」

僕はこの映画を見て、架空の物語でありながら(出てくる事件自体は韓国で起きた実際の事件が元になっていますが)現実と重ね合わせて見てしまいました。

時効を迎えたとはいえ、当然残忍な事件を起こした人間の罪がなくなるわけではないし、遺族の心に残された暗い闇のような穴はふさがるはずがありません。法で裁くことができなくなったとしても社会的に重罪を許して言い訳ないし、ましてや失われた人の命は二度と戻ってきません。そんなこと誰だってわかることだと思います。

でも、すごくリアルだったんですよ。

曾根崎雅人のセンセーショナルなパフォーマンスや、甘いマスク・事件の真相を記した本が出版される中で、事件と直接関わりのない大衆の言動やまなざしが、明らかに曾根崎雅人をスタートして崇めている姿が。「ソーネ様♪」なんて女子高生が写真撮っている場面とかまじでドツきたくなった一方で、妙な現実味を感じたのも事実です。

完全に狂ってますよ?曾根崎は5人(実際には6人ですがネタバレは避けます)の人命を奪っている凶悪犯です。そんな人間の握手会とか、出版本に直筆のサインをもらうために長蛇の列ができるとか。冷静に考えたら心ある人間のなす所業じゃありません。遺族の心の傷を何度も何度も抉るような正気の沙汰とは思えない行為です。

でもリアルなんですよ。

本当にこういうことが現実で起こったとしたら、メディアや大衆はどう行動するのかなって。

もちろん映画にあったような狂った行動に出る人は多くないかもしれないし、そう望みたいんですけど、少なからず興味や羨望のまなざしで犯人を見る人も出てくるんじゃないかって。(まー犯人が藤原竜也さん並みのカリスマ性とルックスの持ち主だった場合の話なので99%あり得ないんですが・・ホッ。)

若干デスノートと似てますね。人道的に明らかに許されない行為に対して、「キラ」という架空のスターを祭りたてて信望するものが出てくるあたり。

スポンサーリンク

 

“理性”と“倫理”と“興味”

人間には“倫理観”があり、そのもとで「正しい」・「正しくない」を“理性”で判断します。

「人を傷つけちゃいけない」「人を傷つけた分いつか自分が傷つく」を“倫理観”だと仮定したら、「だから例え嫌いな人がいたとしても困っているときには手を差し伸べてあげる」と理性的判断をします。それが人間です。理性で行動をすることができることが人間の大きな特徴です。

 

でもここに、“興味”が頭をもたげたときに、必ずしも“理性”を優先させることが人間はできるのでしょうか?

 

たとえば「今まで自分に意地悪をしてきた人間の弱みに付け込んで、窮地に追い込みたい」とか、「窮地に追い込んで自分の強さを誇示したい」とか、そういう悪い意味での“興味”が心を支配した時、理性と興味ではどちらが勝つのでしょうか?

もちろんこういう場合は理性を優先させるのが通常だし、そうでなきゃならないと思いますが、人間がいつでも理性で行動を選択できるのであれば、そもそもいじめとか、犯罪とかって起きないわけですし。

「22年目の告白」はミステリーの要素も含まれる映画で、それはそれで十分楽しめたのですが、むしろ考えさせられたのはこういった人間のリアルなあり方や本性の部分でした。

ちょっとシリアスな話題になってしまい申し訳ない感じでいっぱいなんですが、そういうことをこの映画を見た感想として、一番書きたかったです。

ぜひ「22年目の告白」を見て、考えてみてもらいたいです。

 

藤原竜也はやっぱり神

感想といいますか、「22年目の告白」を見てもうひとつ強く再認識したのは藤原竜也さんはやっぱり神だってこと。

こういうちょっと狂った役柄を演じると、本当にこの人はすごい役者だなと痛感させられます。

別に顔がすごい濃くて印象的とか、目立つとかそういうタイプではないけど、放つオーラや表情の一つ一つが本当になりきっているなーと毎回思います。今回はミステリアスな雰囲気を醸し出しつつ「どこか異常」な曾根崎雅人になりきっていました。

あと、やっぱり藤原竜也さんは声がいい。静かにささやく場面も、大声出してわめく場面も、声聞いているだけでしびれます。この人見てる時だけは僕は完全に声フェチです。

伊藤英明さんも正義感が強く、直球タイプの牧村警察官を見事に演じていましたが、藤原竜也さんのインパクトが強すぎました。

 

今回は「22年目の告白」のあらすじと感想を書きましたが、ネタバレはしていないのでぜひ見て確かめてみてください。

すごくインパクトがあり、考えさせられる映画だと思います。

おしまい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ