恋ダンス“踊ってみた!”動画の削除が相次ぐ理由について考えてみた

“恋ダンス”といえば「逃げるは恥だが役に立つ」のエンディングで話題となり「踊ってみた」動画が海外でも流行したあれですが、2017年8月からデスノートの魅上照ばりに次々に動画が削除されています。削除!削除!削除!削除!削除!削除削除削除削除削除削除削除削除削除削除削除削除削除削除削除!————————–削除!

恋ダンス,動画,削除,理由

「ガッキーみたいにかわいくなりたくて踊ってみたのに、何でよ!怒」

といった救えない意見に始まり様々な反論も出ていますが、

レコード会社が抱える恋ダンス動画削除の正当な理由について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

そもそも著作権違法です

恋ダンス,動画,削除,理由,踊ってみた

大前提ですが、youtube等の動画サイトにCD音源をフルでアップロードすることは禁止されています。著作権法に違反です。(ちなみにカラオケ音源をアップすることも禁止されています。)

じゃフルじゃなければOKなのか?とか動画終了直前でやめれば著作権違法にならないのか?とか、

そういう声があがりそうですが、厳密にはそれも違反です。

ただ知っての通り、見過ごされて削除されていないケースが多々あるので「厳密には」と書きました。取り締まりが追い付かないのでしょう。ただルールというのは「厳密に」守らないとルール違反です。

 

もしyoutubeで音楽をアップロードしたいのであれば、

“youtubeオーディオライブラリ”を使うことです。

アップロードが許可された著作権使用料無料の楽曲がダウンロードできます。

 

ただ残念ながら「恋ダンス」はありません。当然ですが。著作権絡みまくりですから。

どうしても「恋ダンスを踊ってみた」をアップロードしたければ、CD音源を使用せず自分で演奏してください。

 

“恋ダンス”は“踊ってみた”を誘発しすぎるコンテンツ

スポンサーリンク

 

考えてみれば、そもそも恋ダンスは“踊ってみた!”を量産する最良のコンテンツでした。

「逃げるは恥だが役に立つ」は初回放送時の視聴率が10.2%でしたが、

回を追うごとにぐんぐんと伸び、最終話では平均視聴率20.8%となったここ最近では珍しいほどのヒットドラマでした。

 

星野源さんが歌う「恋」は誰にでも歌うことができるような軽快なテンポ・イージーリズムの曲で、

カラオケの「とりあえず」とか「履歴」を見れば必ず歌われているという人気曲。

以前宿泊した宿で白髪もないおじいちゃんが小指立てて(←そこ人差し指じゃなかったけかな?なんて思ったけど)「夫婦を超えていけ~♪♪♪」なんて歌ってるの見たときにはこの先の日本どうなるんだろうとまぢで泣きそうになった。笑

 

またダンスを踊っているガッキーのかわいさと来たら、

「これ踊ったらガッキーなれるんちゃう?!」

なんてありえへん妄想を掻き立てるレベルで天使。

 

そういうことを考えると、

この恋ダンスは完全に“踊ってみた”勢量産型のリーサルウエポンだったわけだけど。

 

ただレコード会社、星野源が所属しているビクターエンターテイメントからしたらたまったもんじゃないですよ。

これだけのヒット曲なのに勝手に好き放題動画アップされて見放題にされたら、

そもそもCDとかネット上での音源データとか誰も買わなくなる。

だから恋ダンスの削除の理由は当たり前と言えば当たり前のことで、

それに対して苦情言いまくってる一部の人は自分の目の前の関心にしか視野を移せない人だと思います。

 

恋ダンスに限らない・・今後の音楽業界の憂い

恋ダンス,動画,踊ってみた,削除,理由

音楽の業界に詳しいわけではない僕がこんなこといっても戸愚呂100%の前で地面に顔面から叩きつけられる幽助レベルで無力なんだけど、こういう動画削除の事態は今後恋ダンスに限らずもっと厳しく取り締まられると思うし、その方が良いと思う。

 

ちょっと昔であればyoutubeのような動画サイトがあってもインターネットを使う際はおうちでデスクトップやらノートパソコンを立ち上げないと動画や楽曲も楽しめなかったけど、今はスマホが大人から子供まで普及しまくっててお風呂入りながらだってベッドで横になりながらだって誰でも人気の曲にたどり着けちゃう。

特別なこだわりのある曲であれば別だけど、お金払ってCD買わなくても無料で人気曲とか新しい曲とか聴けちゃったら、そりゃCDの売上だって今後どんどん落ちていくことは間違いない。CDどころかネット配信されているi tunesのようなサービスだって衰退してしまうかもしれない。長い目で見れば音楽業界から名作が生まれることを阻害することにつながるので、それは音楽ファンであればある程望むことではないでしょう。

「歌ってみた」「踊ってみた」動画は特にコピーコンテンツを厳しく取り締まらんきゃいけなくなっていくと思います。

おしまい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ