辻希美のハンバーガーや喪服や弁当となんでも炎上させる能力尊敬

炎上のプロとして名高い辻希美さん。仰天行動のタレントはこれまでもいろいろいたけど、お母さんのハンバーガー家さんをPRして炎上。お悔みの席でも喪服が非常識と炎上。子供の弁当を紹介すれば「肉まんとかあり得ない」と炎上。なんでも炎上ネタに変換できるその能力はある意味尊敬さえおぼえます。今回はそんな炎上の女王辻希美さんのこれまでの炎上ネタで有名なものを改めて噛みしめたいと思います。

辻希美,炎症,才能

スポンサーリンク

お母さんの開業したハンバーガーやをPRして炎上

辻希美,ハンバーガー,炎上

引用:https://sirabee.com

これは炎上伝説の中でも割と新しいですが、芸能活動の傍ら3児の母親である辻希美さんを陰で支えてきた辻ママが7月1日にオープンしたハンバーガー屋さん。「「CielAmour」」って名前の板橋区にあるお店みたいだけど、このことを辻さんが自身のブログで何度も取り上げて紹介してことに批判が殺到してました。

ただ名前を貸しているだけ

自分のブログで母親の店PRし過ぎ

本当はお母さんの店じゃないんじゃないの?

ママ友のギャル曽根や元モーニング娘。の高橋愛さんもオープン初日に駆けつけ、ハンバーガーのおいしさに感激のコメントをだしていましたが、それすらも「PR」と叩かれる始末・・。別に辻希美を擁護するわけではないけど、母親が自分のお店出したらなるべく紹介してあげたくなるの、普通なんじゃないの?なんて思いつつ反辻勢力が怖すぎるのでおとなしくしてます・・。

スポンサーリンク

 

子供のお弁当に肉まん入れて炎上

辻希美.炎上,弁当,肉まん

引用girlschannel.net

これ個人的に受けました。「なにこの弁当!!!僕でも作れるは!!笑」 しかも冷えた肉まんとかまずそう。笑

でもこんなん幼稚園で子供たちの弁当箱明けたら5人に一人はあるような光景なので普通に笑ってやればいいものを、この時も、

適当すぎ。

おやつですか?

こどもがかわいそう・・・

わりとガチな批判コメントが・・。せめて“(笑)”とか、“(^O^)/”とかつけようよ!本人自身も「今日は一段と手抜きぉ弁当」って言ってんだから。

 

喪服にミニスカ&頭に黒のおっきなリボン

辻希美,喪服,炎上

引用:https://jp.pinterest.com

これは完全にアウト。非常識です。バカでもいいですが常識は身につけましょう。

 

結婚式に白いドレス&白いおっきなリボン

辻希美,炎上,服装

引用:https://jp.pinterest.com

これもダメでしょ。笑 これは辻さんではなく後藤真希さんの結婚式です。普通に辻さんが花嫁かと思ってしまいましたわ。アウトです。

 

この他にも・・

子供にキラキラネーム(長女・希空(のあ)、長男・青空(せいあ)、次男・昊空(そら))つけて炎上

子供とディズニーランドに行けば「平日」→「幼稚園サボらせてディズニー?!」と炎上

子供と自転車に4人乗り(?)していると見られる写真をブログでアップして炎上

首の座っていない子供をおんぶして批判殺到

ブログに上げた写真のスピードメータが130キロを超えていてスピード違反をばらす→炎上

と、ネタに事欠きません。

 

辻希美の炎上スキルは尊敬ものだと思う

彼女のこれまでの炎上の中には非常識(一般的に身に着けておくべき常識がない)なことが原因で他人の反感を買ったものも結構あるので、そういうのはいけないと思いますし、常識を身に着けるべきだと思います。特に喪服の件なんかはその代表で、どんなにおバカキャラだって、他人の気持ちを気づ付けるようなことはあってはならないですし、単に「辻ちゃんはおバカキャラやらだから」では許されないと思ってます。

ただ一方で、「これってそこまで批判される必要ある??」って疑問を感じる件が多いことも事実です。お弁当の件とかお母さんのハンバーガーショップのことなんかが正にそうで、いちいち取沙汰されるほどのことでもないようなことで騒がれています。そんなこと言ったら子供のお弁当のもっと手抜きしている母親だってたくさんいるし、「つくるのが面倒くさい」って理由でそもそもお弁当も食事もつくらない炎上というか燃えるべき親が世の中にはたくさんいて、そっちの方がよっぽど批判を受けるべきだと思う。

つまり100%辻希美さんが炎上に値する行為をしているというわけではなく、「辻希美がやっているから」炎上するというキャラクターフィルターみたいなものが働いていると思わざるを得ない。一部の報道では「ブログの広告収入が彼女の主要な稼ぎだから炎上マーケティングを利用してわざとアホな行為ばかりしている」なんて報じられているし、実際にその節もあるのかもしれないけど。

ただあれだけ内容の薄い(すみません)ブログで、ここまで見る側の注目を浴びているって事実は一種の才能だと思うし、僕が真似しようと思ってできることでは絶対にないから、ちょっとその才能には尊敬さえ感じてしまいます。

今後も他人を不快にすることがない範囲で、「また辻ちゃんかい!!!」ってのを見せてほしいと期待してます。おしまい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ