ホワイトデーにマシュマロをお返しする意味調べて愕然とした件

世の中の「イケメン」と呼ばれる特権階級が、その特権的恩恵をあますところなく受けることができる2/14が終わる。「ホワイトデーは何お返ししよっかなー?」とか、清水富美加さんじゃないけど幸福の悩みを抱え始めている人も多い今日この頃。

「お返しなんてなにあげたって喜ぶんじゃん?バレンタインでチョコくれるのは多かれ少なかれ好意持ってくれてんだし」って思うんだけど、こういうときに適切な「〇〇がいんじゃね?」みたいなイケてるアドバイスができるようなのにも憧れあって、ネットで「ホワイトデー お返し」で検索してみてびっくらこいた。定番のマシュマロあげるのにも、キャンディーあげるのにも、歴とした意味があったんだ・・・。しかも愕然としたのが、そこで書かれていた「ダメ・・絶対!」をずーっと繰り返し続けていたということに今更気づいてしまったという、中学時代の青春・何とも残念な話。

スポンサーリンク

マシュマロの中にチョコがあるとないとでは大違い

ホワイトデーのお返しにマシュマロって、特に理由なく「そういうもの」として思って育ってきた。けどちゃんと意味があって、

チョコレート入りのマシュマロ

ホワイトデー,お返し,マシュマロ,意味

もらったチョコレート(愛)を純白の白いマシュマロ(純白な気持ち)で大切に包んで返す。本命の相手へのお返しに。

・・・って要するにチョコレートを包んだマシュマロが本物で、チョコレート包んでないマシュマロは愛を包んで返してないから意味がないってこと?!ええぇえぇぇーっとそれって、レンタルしたDVD中身はいってないのにケースだけ返却したってのと同じで、、、よくわからないけどおそらく相手からすると嫌なことで・・・

 

あーそうかー!だから中学のとき付き合うどころかマシュマロあげた次の日から「最悪なんだけど?Y子になにした?」とかY子の友達集団から部活後体育館の裏側呼ばれて(←マンガみたい)わけもわからずなにした尋問受ける(当初実はY子を本気で好きだったのでバレンタインにチョコもらっって嬉しくてホワイトデーにチョコなしマシュマロあげたとか恥ずかしくて隠しておいた)はめになり、塾を大幅に遅刻するということになったのか!!!!!!なんかすっごくすっきりした!!!!

 

そんな淡い思い出にふけって懐かしさとスッキリ感を同時に噛みしめてましたが、実はマシュマロには次のような意味もあるらしい。

 

マシュマロは相手を拒絶するって意味もある

スポンサーリンク

上で紹介したマシュマロ説とは正反対なんだけど、マシュマロにはこんな説もあるらしい。

マシュマロは相手を拒絶するときのプレゼント

ホワイトデー,マシュマロ,お返し,意味

マシュマロは口に入れてもすぐ溶けて消えることから、嫌いな人・早く忘れたい人に渡す。

絶対Y子こっちの意味でとってんじゃーん!!「嫌いな人・早く忘れたい人に渡す」・・・ってそんなんホワイトデーの時期には日本全国で販売禁止しろよ。てか紛らわしいからどちらかの意味で統一しろよ。

 

しかも奇跡のクリティカルヒットだと思わずに入れないのが、当時僕の中では「マシュマロ=口どけがいいほどおいしい」だったので、わざわざ部活の終わった後の休日東〇デパートとか回って「雪のような口溶け」みたいなキャッチコピーがご丁寧に箱に書いてあるマシュマロ買ってあげてしまったていうこと。しかも当時の僕のお小遣い的には結構高かった。

 

こうして僕の中学生時代の初恋は雪のように跡形もなく溶けてなくなりましたとさ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ