ハロウィンの起源は?ジャック・オー・ランタンにまつわる怖い逸話

ハロウィン、起源、由来、ジャック・オー・ランタン、

10月31日はハロウィンです。うちでもカボチャのムースが人気を得ていますが、ハロウィンの起源は意外にも知られていません。またハロウィンとなると「ジャック・オー・ランタン」とうカボチャを切り抜いた提灯が町中に目立つようになりますが、なぜあんなものを作るか知っていますか?ちょっと怖い、ハロウィンとジャック・オー・ランタンの逸話についてお話します。

 

ハロウィンの起源と由来

ハロウィンの期限ははもともと古代ケルト人までさかのぼります。中央アジアの草原からヨーロッパに移り住んだ民族です。

ケルト人は大晦日に「秋の収穫祭」と「悪魔祓いの儀式」を行っていました。日本でも大晦日は紅白(僕はガキ使派だけど)見て、そばを食べて除夜の鐘をつきに行きますよね?それとおんなじです。

ケルト人の大晦日は10/31だったといわれるので、このケルト流大晦日の儀式とキリスト教の万聖節が結び付き、現在のハロウィンになったといわれています。

収穫際はまだいいとして、もともと悪魔祓い・・・・。現在日本では“ハロウィンてなに?”状態でとりあえず仮装してお祭り騒ぎをしています。起源とか由来なんてあまり考えませんが、ケルト人のハロウィンはどのような意味を持っていたのか?

 

子供たちが仮装して trick! or treat! する理由

これは悪魔祓いとしての要素を残した風習です。

古代ケルト人はその年の最後の日に、悪魔や魔物の魂が現世に降りてくると信じていました。普通に人間の格好のままでいると悪魔に魂を抜かれてしまう・・。そこでケルト人は考えました。

“あ!自分たちも悪魔や魔女の格好をして仲間だと思わせれば魂とられることないじゃん!(^O^)/”

こうしてハロウィンの日は化粧や仮装をするような風習ができたんですね。

日本ではコスプレ文化が根付いているので、現世に降りてきた悪魔よりも怖いんじゃないかと思うような恰好をした人々がハロウィンになると出没しますけどね。

ジャック・オー・ランタンの由来に意外と怖い逸話がある

ハロウィン、起源、由来、怖い話

ハロウィンといえばカボチャ!あのカボチャの中に火をくべてつくる提灯は「ジャック・オー・ランタン」といいます。実は本当はカボチャではなく「カブ」をくりぬいて作るのが本来なのですが、当時アメリカで生産が多かったカボチャでも変わらないだろうということでそうなりました。

なんでこんなカボチャの提灯をつくるようになったのか?

これには次のような怖い逸話があります。

 

ジャック・オー・ランタンが生まれた逸話

昔、ジャックという名前の、飲んだくれ、乱暴、ケチな鍛冶屋の男がいました。

ハロウィンの日も、いつも通り酒場でお酒をたくさん飲んでいました。しかしその日は飲みすぎてしまい、財布の中も空っぽに。

その時ジャックの目の前に悪魔が現れました。「魂を頂く」と。ジャックは自分の魂と引き換えに、人生最後の酒を飲ませてくれと頼みます。

すると悪魔は6ペンスコインに変身しました。ジャックはそのコインをつかみ酒代を払おうとしましたが、とっさにずるいことを考えました。

コインを十字架で括り付け、悪魔をもとの姿に戻れないようにしたのです。姿を戻せず困った悪魔はジャックと契約し、10年間魂をとりに来ないことを約束して消えていきました。

10年後。ジャックが田舎道を歩いていると、あの時の悪魔が現れました。約束の時間hが過ぎたので魂をとりに来たのです。

ジャックは「人生最後だからこの木の上に実っているリンゴをとってきて食べさせてくれ」といい、悪魔は木に上り始めました。

リンゴを受けとったジャックは、悪魔が木から降りてこられないように、持っていたナイフで木に十字架を掘りました。

困り果てた悪魔は、今後ジャックの命を奪わないということを約束し、消えていきました。

 

年月は流れ、悪行の数々を尽くしたジャックも天に召される時が来ました。

死んだジャックはまず天国に行きましたが、生前の悪さを見抜かれ天国の門をくぐらせてもらえません。ジャックは仕方なく反対にある地獄の門まで行きましたが、そこであの悪魔が現れます。

「約束だから、お前から命は奪えない」

こうしてジャックは天国へも地獄へも行けず、困り果てて悪魔にききました。

「俺はどこへ行けばいいんだ?」

悪魔は答えます。

「元来たところに戻るしかない」

その日は真っ暗で寒く、ついよい風が吹いていました。悪魔に頼み地獄の業火をもらったジャックは、大好きだったかカブの中にその火をくべ、仕方なく現世へと歩いていきます。

しかし当然死んだ者は現世に戻れないため、ジャックは今もカブにともした地獄の火を片手に、現世とあの世をさまよい続けているのです。

このジャックが持っている提灯が、ジャック・オー・ランタンの起源と言われています。

この逸話に出てくる悪魔はずいぶんとお人よしのようですが、死後もあの世にいけないというのは一番のバツなような気が僕はします。

ハローウィンでジャック・オー・ランタンをつくる方は、この逸話を考えながら作ってみたらよりハローウィン気分に浸れるかも?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ